スープラ A80型ってどんな車?

Pocket

スープラ A80型ってどんな車?

4代目となるスープラ A80型は、1993年に発売になりました。3代目スープラから何が変わったのでしょうか?
また、スープラ A80型の販売状況は、どうだったのでしょうか?

出典:http://www.photo-ac.com/

スープラ A80型はこんな車

スープラ A80型の誕生

1993年に4代目スープラ A80型が発売になりました。「THE SPORTS OF TOYOTA」をキャッチコピーにデトロイトモーターショーで鮮烈なデビューを飾りました。日本では2代目にあたります。
1

スープラ A80型はここが変わった!!

4代目スープラ A80型は、ソアラと比較されることが多い。その理由は、兄弟車のような関係だからです。今回のA80型は、シャーシが異なる。燃料の位置がソアラが後方に対して、スープラA80型は、前の方に位置している。なぜなら、以前より重量配分の問題があり適正化がなされたそうです。また、エンジンは直列6気筒エンジンを使用しており、今回は、さらに電子制御サブスロットルシステムが搭載されたことが大きな変更です。
2
3

スープラ A80型の魅力とは?

スープラ A80型の魅力と言えば、デザインの一新です。これまでは、直線的なデザインから曲線を多用したいわゆる今風な車へと進化しました。あと、ヘッドライトもバンパーからのパカパカ仕様(リトラクタブルライト)から前部に固定して据え付けられているものに変更されました。リトラクタブルライトが好きだったファンには残念なお知らせだと思いますが、性能面以外でも大幅に進化を遂げました。また、初代ワイルドスピードでスープラが起用されていたため北米では、スープラがカルト的な人気があります。
4
5
6

まとめ

4代目スープラ A80型でした。A80型になって大きくスープラが進化するのは、爽快な気持ちになります。今までのものを一新してスポーツカースープラとして前進し始めるその姿は感激物です。スープラファンが今でも多くいるのは分かる気がします。どんどん進化していくスープラに目が離せません。